三鈴カントリー倶楽部

ゴルフレッスン

寺嶋プロのファンダメンタルレッスン 基本編

グリップのポイント

グリップは体・腕の動きをクラブに伝える重要な働きがあります。

スライスが直らない方の多くはグリップが”スライス”になっていることがあります。

左手の親指との間にできるV字(写真)が右肩の方向右手の親指が右肩の方向になっていることに注意!!それよりも右(顔の方)を向いていれば”スライス”の素です。

グリップのポイント
グリップのポイント
グリップのポイント

左手は手のひらを使い小指に力を入れて、クラブヘッドを持ち上げるように握ります。

グリップのポイント
グリップのポイント

親指の間にできるV字が右肩を指すのがスクエアグリップです。

グリップのポイント
グリップのポイント

グリップの善し悪しは直接球筋に影響します。ご自分の形と見比べてください。

グリップの完成です。さて次はアドレスへ!

アドレスのポイント

ゴルフはボールを打って、ホールへ入れるゲームですが、実際にボールを前にして、スイングに入るともう途中で修正は難しくなり、意識して変えられるのはアドレスまででしょう。

つまりスイングの良し悪しはアドレスの時点で80%決まってしまうと思って下さい。

あなたにとって、正しいアドレスを早く身につけましょう。

アドレスの基本形
両足は肩幅に開きます(基本は肩幅より広くすると良いでしょう)
目標に対して、肩・腰・ひざを平行に

アドレスの手順

ゴルフで最も重要なことは”いつもおなじ”ということです。

アドレスに入る時も同じ動作を繰り返すとスムーズに構えられます。

私の基本は
(1)ボールの後ろから目標を見る
(2)目標に右足を合わせ、クラブフェースをあわせます。
(3)左足を決めて、最後に右足を決めます

アドレスはアイアン(上)もウッド(下)も形は同じです。

アドレスは完成です。さて次はスイングへ!

スイングのポイント

ゴルフと他の球技の最も大きな違いは、”相手”がいないということです。
テニスや野球などでは、相手の動きに対してどのように動くかが重要ですが、ゴルフは自分が動かないと何も始まりません。
ということは、スイングの最初のきっかけを誰も作ってくれないということです。

止まった状態からスイングを開始するのにはこの”きっかけ”が大変重要です。
スムーズなスイングはスムーズな始動から始まります。

きっかけが大切です。

フォワードプレスや足踏みなど皆さんにあった方法を見つけて下さい。

トップでの手の位置が高すぎたり、クラブが大きく前に垂れたり(オーバースイング)するとスライスの原因になります。

一度いすに座ってスイングしてみましょう。
オーバースイングにならないと思います。
原因は下半身にあるとわかります。
また多くの場合は”腰の周り過ぎ”でしょう。

スイングが始まると後に出来る事は”振り切るだけ”でしょう
この時にダウンスイングではここに力を入れて、腰をスライドさせて...と考えだすととてもボールにはあたりません。

参考に分解写真を載せましたが、あくまで通過点での形と考えてください。

ボールがある場合にはスイングの形を作のは難しいので、素振りのなかで”形”を意識して下さい。

基本編はここまでです!

ページトップへ