三鈴カントリー倶楽部

施設案内

三鈴カントリー倶楽部について

img

緑と光り、風がやさしい

三鈴カントリー倶楽部は、西に鈴鹿の山並が迫り東には遠く伊勢湾を眺望できます。
昭和51年開場、面積は120万平方メートルで緑の街「鈴鹿」の名にふさわしく160種類、約4万本の樹木が広がっています。
四季、緑と花に包まれたコース周辺は野鳥たちの楽園で約50種類が生息しており、夏になるとコース内の池や小川のまわりにはホタルが舞うこともあります。

img

自然のやすらぎに満ちたコース

かけがえのない自然を生かしたコースは、ゆるぎない落ち着きをもっています。
しかし随所に個性的な起伏をもち、ある時には距離よりも方向性が大事となり緊張感を強いられるコースとなっています。

アウトコースは雄大なスケールの緩やかな曲線が美しい距離のあるコース。
インコースは大きな起伏のなかに戦略的な厳しさをみせる。
それはひとたび風が吹けば牙をむく。

ページトップへ